シャープ 3期ぶり営業損益が黒字 鴻海傘下で黒字転換|株式ニュース

2017年4月28日、シャープ<6753>が2017年3月期連結決算を発表した。

今回発表した連結決算によると、営業損益が624億円の黒字だった。前期が1619億円の赤字だったことを考えると、大幅な改善である。

営業黒字は実に3期ぶり。純損益は赤字だったものの、損失額は前期の2559億円から248億円に大幅に縮小した。

親会社となった台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の下で行われた、徹底したコスト削減の効果が出たといえるだろう。

2018年3月期の連結業績予想は、5月26日に予定されている中期経営計画の説明会で公表するという。